浦河フレンド森のようちえん ※2022年4月に『浦河フレンドようちえん』から改名いたします。 浦河フレンド森のようちえん ※2022年4月に『浦河フレンドようちえん』から改名いたします。

浦河フレンド森のようちえん ※2022年4月に『浦河フレンドようちえん』から改名いたします。 浦河フレンド森のようちえん ※2022年4月に『浦河フレンドようちえん』から改名いたします。

私たちが考える食育

畑しごと

畑しごとは素手で野菜や土、虫を触り、豊かな自然を直接肌で感じる絶好の機会です。本園では常に「本物の体験」を大切にしていますので、子ども達は種植えや収穫だけではなく、草むしりなどをしながら、「自分で育てた」と感じられるような一連の経験になるように配慮しています。このような畑での体験を通して、野菜嫌いを克服する子どもも多くいます。

また、野菜には「旬」があります。旬の野菜は、味が濃くておいしいだけでなく、栄養たっぷりなので、体も大喜びです。種や苗の状態から、収穫して口にするまで、どのように、どれくらいの時間をかけて、どんな花や実が生るのか、などたくさんの「?」が浮かんでくる子もいるかと思います。子ども達には、その「?」を大切にして過ごしていってほしいなと考えています。

調理体験

調理体験では、皮むきも自分たちで協力して行います。包丁やピーラー、直接手で剥くなど…食材の種類はもちろんのこと、調理器具や調理法、料理などにもたくさん触れてほしいと思っています。料理をする時には、見る、聞く、触る、においをかぐ、口にするなど、五感が最大限に活用されます。園だけでの体験で終わらせるのではなく、おうちでのお手伝い、あるいは子ども達が大きくなってからでも、つながっていくものにしていきたいと思っています。

また、年長さんの「お泊まり会」では、みんなでカレーを作ります。「自分で作った」、そして非日常の中でみんなと食べるカレーの味は、子どもたちにとって一生忘れられないものになることでしょう。

心と身体をつくる給食